子宮内膜症にはどんな検査があるの?

「これってもしかして子宮内膜症かも?」と思ったら病院に行くことをオススメしています。初めての検査にもなると不安もあるでしょう。しかし、きっちりと検査をしてもらうほうが気持ちの安心にもつながります。子宮内膜症の検査には色々と方法があります。

内診・直腸診

内診は膣から指を入れて、反対の手でお腹を抑えて行います。子宮や卵巣の大きさを直接さわり検査をする方法です。非常に抵抗があるでしょうが、なるべく力を抜いて行うようにしましょう。また場合によって直腸診といって肛門から指を入れて行う検査もあります。これは子宮と直腸の間にあるくぼみに変化はないか?というのを検査する方法です。

超音波検査

超音波検査にはお腹の上から診る方法と、膣の中に入れて診る方法があります。子宮の状態をより診るには後者の方法が有効とされています。超音波検査の場合、患者と一緒にモニターを見ながら検査をすることが出来ます。

血液検査

子宮内膜症は血液検査でも分かります。子宮内膜症になっていると血液中の腫瘍マーカーという値が高くなります。

他にもMRI・CT検査、腹腔鏡内検査というのもあります。まずはお医者さんに症状を正確に伝えて、どういった検査が必要なのか?という説明をきちんと受けましょう。検査が怖いからといって病院に行かないというのだけは避けるようにしましょう。

copyright(c) 子宮内膜症について- All rights reserved.