子宮内膜症=不妊??

子宮内膜症になってしまったら、妊娠できないのでしょうか?答えはNOです。妊娠もできますし、出産も出来ます。しかし、妊娠や出産するにあたってやっかいな病気であることは間違いありません。子宮内膜症の治療には生理を止めるホルモン療法などもあるため、その間妊娠はできなくなります。現在、不妊症に陥っている女性の実に2~4割が子宮内膜症の症状があるそうです。不妊症=子宮内膜症というわけではないですが、深い関係があるということは確かです。

過激なダイエットや過労が不妊症を招く!?

不妊症というのは男性側に原因があることもあります。精子が少なかったり、精子の通り道に問題があったり。しかし女性の場合は、過激なダイエットや過労により、ホルモンバランスが乱れ、その結果不妊症になってしまうケースも少なくないようです。女性の体の方が繊細な作りをしているため、このように外的要因でもなりやすいということです。

ストレスをためこみすぎないように

あまりストレスを溜め込みすぎるとホルモンバランスが崩れるだけでなく、他の症状にもつながってしまいます。できる限り普段からためこまないように吐き出せるパートナーや親友を作っておくことが重要です。また、痩せている方で急激なダイエットなどは絶対にやめましょう。

copyright(c) 子宮内膜症について- All rights reserved.