病気になったら手術費用が心配…

子宮内膜症になってしまったら治るかどうかも心配ですが、手術や治療が必要な場合、いったいいくらぐらいかかるのかというのも心配ですよね。一般的には子宮内膜症の手術費用は入院費を合わせてだいたい30万円前後であると言われています。手術を行う場合、腹腔鏡手術と開腹手術があります。腹腔鏡手術ですと体に負担が少なく、子宮全体を除去する必要がありません。開腹手術の場合は、メスを入れて行う手術となりますので体への負担も多少は心配しないといけないです。このどちらの手術もだいたい10万円前後となります。しかし開腹手術の場合は、体への負担が大きいぶん入院日数も必要となってきます。そのため、トータルで30万円ぐらいはかかると見ておいたほうがよいでしょう。しかし医療保険などに加入している場合は、全額負担ということはないでしょうから、いくらかは安くなると思います。

症状が重くなる前に…早期発見・早期治療

やはり発見が遅くなればその分、治療にも時間がかかるでしょうし、費用もかかってくるかもしれません。少しでも「もしかして子宮内膜症かも?」と思ったら、病院に行くことが早期発見・早期治療につながります。病院に行くのはこわいかもしれませんが、ほおっておくほうがもっとこわいことにつながってしまうかもしれません。ぜひ少しでも異変を感じたら病院に行ってくださいね。

copyright(c) 子宮内膜症について- All rights reserved.