子宮内膜症の原因は解明されていない

若い女性に多い子宮内膜症ですが、実はこれといった原因は特定されていないのが現状です。今言われている原因はあくまで仮説であり、それが本当に子宮内膜症の原因であるか?というのは分かっていません。現在分かっている仮説には2つあります。

子宮内膜移植説と体腔上皮生説

ひとつめは子宮内膜移植説といって、普通は生理になった時に月経血は子宮口から排泄されますが、それが卵管を通って逆流し、お腹の中にとどまってしまい、そこで子宮内膜に似た組織を形成してしまうという説です。もうひとつは体腔上皮生説といって腹膜が何らかの原因によって子宮内膜に変化してしまうという説です。どちらかというと前者の方が子宮内膜症の原因としては有力視されています。

少しでもお腹の痛みを感じたら病院に

しかしこのどちらも原因としては特定されていません。最近ではアレルギーも子宮内膜症の原因ではないか?とされているそうです。ただこれも特定されているわけではありません。原因は特定されていませんが、子宮内膜症の症状の特徴としては、生理が来る度にひどくなっていきます。いつもと違う生理痛や腰痛などを感じたらすぐに病院に行くようにして下さい。

copyright(c) 子宮内膜症について- All rights reserved.