子宮内膜症はどこに出来やすいの?

子宮内膜症は何らかの原因で、子宮以外に子宮内膜が出来る病気ですが、実は子宮内膜症が出来やすい場所というのがあるそうです。

子宮内膜症は卵巣や卵管に出来やすい

子宮内膜症は一体どこに出来やすいのでしょうか?実は、子宮内膜症は卵巣や卵管に出来やすいそうです。卵巣に子宮内膜症が出来ると、古い血液がチョコレート嚢腫となって月経時の痛みや、月経時以外にも腹痛などの症状が出ます。また、卵管に子宮内膜症が出来ると、出来た内膜組織が卵管を塞いでしまって、子宮外妊娠や不妊症などにつながってしまいます。

直腸や膀胱などにも

他にも直腸や膀胱などにも子宮内膜症は出来ます。直腸に出来た場合には、血便や下痢などの症状が現れます。膀胱に出来ると、血尿やおしっこをするたびに痛みなどにつながります。また子宮筋層に子宮内膜症が出来ると、子宮筋腫などの病気も併発する恐れがあります。

少しでも異変を感じたらすぐに病院に

このように出来る場所が違えど、どれも子宮内膜症の症状です。少しでも体の異変を感じたら、自己判断せずにすぐに病院に行くようにして下さい。病気は早期発見が重要です。

copyright(c) 子宮内膜症について- All rights reserved.