女性特有の病気「子宮内膜症」とは?

子宮内膜症という病気を知っていますか?最近、人気芸能人が子宮内膜症であることを発表してからどんどんと注目される病気になってきています。この子宮内膜症という病気は20代~30代の女性に非常に多い病気なのです。このサイトでは具体的に子宮内膜症とはどんな病気なのか?どうして起こるのか?治療法はどうしたら良いのか?予防法はどうすれば良いのか?…など、子宮内膜症について色々な角度から調べてみました。ぜひ子宮内膜症でお悩みの方や、「これってもしかして子宮内膜症かも?」といった方などの参考になれればと思います。

子宮内膜症の具体的症状

子宮内膜症とは、簡単に一言でいうと子宮以外の色々な場所に子宮内膜(に似たような組織)が出来てしまう病気のことを言います。そもそも子宮内膜というのは、性行為により出来た受精卵が着床をする際に温床とする粘膜の事を言い、これは定期的に剥がれ落ち、新しいものに入れ替わります。剥がれ落ちた子宮内膜は子宮外に月経血として排出されます。つまりそれが生理です。

しかしその月経血が稀に卵管を通って、お腹の中に入ってきてしまうことがあるのです。この月経血には子宮内膜細胞というのが含まれていて、それが子宮以外のところで落ち着いてしまうと、その場所に子宮内膜と似たような組織を作ってしまいます。当然、子宮内膜と同じように一定期間経てば月経血として剥がれ落ちるのですが、子宮と違い子宮口がない為、その場にとどまったり、近くの組織に癒着して炎症を起こしたり…と様々な痛みに発展してしまいます。内出血のようにその場に血がとどまってしまうわけです。月経のたびに痛みがひどくなっていくのが一般的な症状です。しかし子宮内膜症の原因はこれであるとは確定はされていません。ストレスや食生活の乱れによっても引き起こしてしまうとも言われています。しかしこの子宮内膜症はひどくなると不妊症の原因となってしまうケースも考えられます。

少しでも不安に感じたら病院に行こう

生理の時にお腹が痛くなるのは多くの人が経験したことがあるかもしれません。しかし、いつもと違うお腹の痛みやSEXの時に膣の奥が痛くなったりした場合は、子宮内膜症の疑いがあります。怖いかもしれませんが、迷わず病院に行きましょう。子宮内膜症は原因も特定されていなく、また一度なったら完治が難しい病気ですが、知識をつけることは損にはならないと思います。ぜひこのサイトで子宮内膜症について知って下さい。

copyright(c) 子宮内膜症について- All rights reserved.